婦人病・性感染症 性行為感染症検査

性行為によりクラミジア、淋病、梅毒、ヘルペス、エイズ(HIV)などの感染症にかかる事が
あります。おりものが増える、外陰部がかゆい、痛い、性交時痛、不正性器出血、下腹部痛などの
症状が起きますが無症状で経過する病気もあります。
クラミジアなどは不妊や子宮外妊娠の原因にもなります。HIV(エイズ)は生命を危険にさらすことも
あります。

結婚をひかえた方は性感染症の検査をお勧めします。(カップルでの受診もお受けいたします。)

おりもの検査、血液検査などで診断し、感染が見つかった場合は適切な治療を受けて
いただきます。

感染なさった方々は必ずしも不特定多数の相手と接触したからだとは限りません。
私たちはご相談いただいた方々のプライバシーを守り、偏見の目で見ることなく治療のお手伝いを
させていただきます。
早期発見早期治療が最善と考えます。
おひとりで悩むことなく是非わたしたちにご相談下さい。
スタッフが丁寧に対応いたします。

各種クレジットカード、デビッドカード取り扱っております。
お会計の際は遠慮なくお申し付けください。

-----ご注意ください-----

外来は産業医、学校医等の業務により予告なく休診となる事もございます。
来院前にお電話でのご確認をおすすめいたします。