ピル外来・緊急避妊・中絶 ピル外来


黄体ホルモン様・卵胞ホルモン様物質の合剤で、排卵抑制作用のほかに、子宮内膜変化
による着床阻害作用や頸管粘液変化による精子通過阻害作用により、妊娠を防ぎます。
通常、避妊の目的で用いられます。月経の第1日目から1日1回1錠を毎日一定の時刻に
21日間服用します。
その後の7日間はマーベロン21の場合は薬を服用しません(休薬期間)。
マーベロン28を服用の方はシートに入っております緑色のピル(偽薬)を1日1回7日間
お飲み下さい。同様の方法で、避妊する期間繰り返し服用 します。
服用開始日が月経第1日目から遅れた場合、飲み始めの最初の1週間は他の避妊法を併用して
ください。飲み忘れた場合は、飲み忘れが1日であれば、気付いた時点で飲み忘れた1錠を
直ちに飲み、さらにその日の分も通常通り飲んでください。
2日以上連続して飲み忘れた場合は、その時点で飲むのを止めて、次の月経を待って
新しいシートから再び飲み始めてください。なお、飲み忘れによって妊娠する可能性が
高くなるので、その周期は他の避妊法を使用してください。

—服用に関する注意—

心血管系の副作用の危険性が増大するので、禁煙してください。
飲み始めに不正性器出血がおこることがあり、通常、服用継続中になくなりますが、
長期間に わたって出血が続く場合は、医師に相談してください。
何らかの病気により激しい下痢や嘔吐が続いた場合は、薬が吸収されにくくなり、
妊娠する可能性が高くなるので、他の避妊法を併用し、医師または薬剤師に相談してください。
妊娠が疑われる場合には使用を中止してください。なお、2周期連続して月経が来なかった場合は 妊娠している可能性がありますので、直ちに医師の診察を受けてください。
セイヨウオトギリソウを含有する食品はこの薬の効果を弱める可能性がありますので、
控えてください。
(セイヨウオトギリソウとはセントジョーンズワートという、欧米ではうつ病に使われるハーブ です。このハーブはうつ病の薬を服用中の方も併用には注意を要します)
妊娠を希望する場合は、医師に相談してください。
性感染症を防止するものではありません。

価格:1シート(28日分):3,150円
初診料:2,835円
再診料:無料(まれですが、副作用のご相談で検査などが必要となった場合は別途料金を承ります)

2回目以降、とくにご相談の必要がない、お薬処方のみの方は再診料は無料です
検査や追加の投薬が必要な場合は別途費用がかかります。
あらかじめ御了承下さい。




月経困難症の治療薬です。

(健康保険適応)
排卵を抑え、月経時痛を軽減させます。
1日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って(淡赤色錠から
開始する)28日間連続して内服します.。
以上28日間を投与1周期とし,出血が終わっているか続いている
かにかかわらず29日目から次の周期の錠剤を内服し, 以後同様
に繰り返します。

—用法・用量に関する注意—

不正性器出血の予防及びホルモン剤服用中の妊娠のリスクを最小限にとどめるため,
飲み忘れ等がないよう毎日一定の時刻に服用にしてください。
服用開始日、本剤を初めて服用なさる場合,月経第1日目から服用を開始します.。
服用開始日が月経第1日目から遅れた場合,妊娠のリスクを考慮し,飲みはじめの
最初の1週間はホルモン剤以外の避妊法を用いてください


万一前日の飲み忘れに気付いた場合
直ちに前日の飲み忘れた錠剤を服用し,当日の錠剤も通常の服薬時刻に服用します。
2日以上服薬を忘れた場合は,気付いた時点で前日分の1錠を服用し,当日の錠剤も通常の
服薬時刻に服用し,その後は当初の服薬スケジュールどおり服用を継続してください。
乳癌,子宮内膜癌、子宮頸癌及びその疑いのある方は腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すこと
があるため、服用はおすすめしません。
血栓性静脈炎,肺塞栓症,脳血管障害,冠動脈疾患 をお持ちの方は増悪することがあるため、
服用はおすすめしません。

35歳以上の方で、1日15本以上たばこを吸う方は心筋梗塞等などの心血管系の障害か発生
しやすくなるとの報告があります。
前兆(閃輝暗点,星型閃光等)を伴う片頭痛の患者[前兆を伴う片頭痛の患者は前兆を伴わない
患者に比べて脳血管障害か発生しやすくなるとの報告かあります。

手術前4週以内,術後 2週以内,産後4週以内及び長期間安静状態の方は血液凝固能が亢進され,
心血管系の副作用の危険性が高くなることがあるため、服用はおすすめしません。
高血圧のある方(軽度の高血圧の患者を除く)も血栓症等の心血管系の障害か発生しやすくなる
との報告かあるため、服用はおすすめしません。
性感染症を防止するものではありません。

価格(28日分)(院外処方)
初診時1シート(28日分)のお薬含めて3,640円
再診料は1シート(28日分)のお薬含めて約3,210円

※保険適用で、自己負担額3割負担の場合です。

※検査や追加の投薬が必要な場合は別途費用がかかります。




子宮内膜症に伴う月経困難症の治療薬として発売されて
いるルナベルに、新しく機能性月経困難症の効能が追加
されました。

機能性月経困難症とは特別な病気がない方の子宮内膜から
産生さる発痛物質プロスタグランジンの過剰な分泌によっ
て起こる月経困難症です。
プロスタグラジンは子宮を収縮させて月経血の排出を促し
ますが、分泌が多いと収縮が強くなり、痛みが出ます。

ルナベル配合錠の特徴

月経に伴う疼痛を改善します。黄体ホルモンとして、臨床的に長期の使用経験がある第一世代
の
ノルエチステロンを使用しています。
主な副作用は不正性器出血、悪心、頭痛、希発月経、上腹部痛、乳房不快感、月経過多です。
子宮内膜の抑制作用が強いので、当院では未産婦には第一選択とはいたしておりません。
何らかの病気により激しい下痢や嘔吐が続いた場合は、薬が吸収されにくくなり、
妊娠する可能性が高くなるので、他の避妊法を併用し、医師または薬剤師に相談してください。
性感染症を防止するものではありません。

価格(28日分)(院内処方)
初診時1シート(28日分)のお薬含めて3,590円
再診時1シート(28日分)のお薬含めて約3,160円
※保険適用で、自己負担額3割負担の場合です。

※検査や追加の投薬が必要な場合は別途費用がかかります。
お支払いは、各種クレジットカード(分割払い)、銀行カード(デビッドカード)も
ご利用いただくことができます。

おおよその料金はお電話でおききいただく事ができます。(0297-62-6561) 


-----ご注意ください-----
外来は産業医、学校医等の業務により予告なく休診となる事もございます。
来院前にお電話でのご確認をおすすめいたします。 (0297−62−6561)