ピル外来・緊急避妊・中絶 ピル外来

妊娠を望まないあなたがもし避妊できなかったらその後できる避妊法をご希望なさることと

思います。

私たちは中容量ピルを24時間~72時間以内に服用していただく事によりあなたの妊娠の
可能性を
低減させることが可能です。

服用開始が早いほど効果は高いです。(60~90%) お悩みになることなく出来るだけ早く
私たちに
ご相談下さい。
スタッフがやさしく対応させていただきます。

お支払いは、各種クレジットカード(分割払い)、銀行カード(デビッドカード)も
ご利用
いただくことができます。

おおよその料金はお電話でおききいただく事ができます。(0297-62-6561)

---緊急避妊のお薬について----
緊急避妊には以下の2種類が用いられます。



性交後72時間以内に2錠を服用し12時間後、更に2錠服用します。

費用 6,000

(薬剤料、指導料、初診・再診料全て込み、検査代は別途)
—服用に関する注意—
喫煙により、副作用(血栓症など)がおこりやすくなるため、
できるだけ禁煙してください。
何らかの病気により激しい下痢や嘔吐が続いた場合は、
薬が吸収されにくくなり、妊娠する可能性が高くなるので、他の避妊法を併用し、
医師または薬剤師に相談してください。
皮膚にシミを作る原因となることがあるので、長時間日光に当たるのを避けてください。
コンタクトレンズを使用している場合、うまく調整されなくなることがあります。
セイヨウオトギリソウを含有する食品は、この薬の効果を弱める可能性がありますので、
控えてください。
(セイヨウオトギリソウとはセントジョーンズワートという、欧米ではうつ病に使われるハーブ です。このハーブはうつ病の薬をすでに服用中の方も併用には注意を要します)
主な副作用として、食欲不振、吐き気・嘔吐、発疹、頭痛、乳房痛、むくみ、体重増加などが報告されています。 まれに下記のような症状があらわれる事があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。脚・胸・頭の痛み 、
息切れ、急な視力低下はまれですが血栓症が疑われます上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
性感染症を防止するものではありません。

緊急避妊や中絶を避けたいあなたにはピルの継続服用をおすすめします。



性交後72時間以内に2錠1回服用します。

費用17,000
(薬剤料、指導料、初診・再診料全て込み、検査代は別途)

主な副作用は、消退出血、不正子宮出血、頭痛、悪心、
(服用開始からしばらくは吐き気止めの併用をおすすめいたします。)
倦怠感、傾眠、等です。
抗けいれん薬のフェノバルビタール、フェニ トイン、
プリミドン、カルバマゼピン、HIV 感染症治療薬のリトナビル、
リファブチン リファンピシン グリセオフルビンはヤーズの効果を現弱させる可能性
があります。
重篤な肝障害のある方は代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため,症状が
増悪することがあります。
セイヨウオトギリソウを含有する食品は、この薬の効果を弱める可能性がありますので、
控えてください。
(セイヨウオトギリソウとはセントジョーンズワートという、欧米ではうつ病に使われる
ハーブです。このハーブはうつ病の薬をすでに服用中の方も併用には注意を要します)
妊娠初期・中期に投与した場合には,女性胎児の外性器の男性化又は男性胎児の女性化が起こる
ことがあります。
あくまでも性交後3日以内に妊娠を希望されない方のみ処方させていただきます。
性感染症を防止するものではありません。
緊急避妊や中絶を避けたいあなたにはピルの服用をおすすめします。


-----ご注意ください-----

外来は産業医、学校医等の業務により予告なく休診となる事もございます。
来院前にお電話でのご確認をおすすめいたします。