更年期障害 更年期障害

野村医院では、うつ・ 不眠、・不安感・パニック障害、・摂食障害、・便秘・肥満・生理不順
更年期障害などの治療に、薬物投与は最小限に抑え、カウンセリングと生活指導に重点をおいて、
一人一人に応じたきめ細かな診療を目指しています。

更年期とは?

『更年期』というのは、閉経前後の数年間をいいます。
(通常、1年以上月経がない場合は閉経とみなします)
閉経の平均は大体50歳なので45歳位から55歳位までの期間が更年期といえます。閉経に関しては
個人差があり、その前後で各4~5歳の差が開きます。それで早い人では40歳位から更年期が始まり
遅い人では60歳頃まで続くということもあります。
更年期に入ると女性は卵巣の働きが衰えてきます。そのため卵巣から分泌される卵胞ホルモン
(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が減少し始めます。このホルモンのバランス
が崩れて、自律神経中枢に変調が起こり、更年期障害といわれる様々な症状が起こってきます。
また女性はこの年齢になると子供の独立、両親の病気や死、夫婦間のトラブルなど外的な環境の
変化や、外見的にも白髪が目立ったり、シワが増えたりという老いのきざしが見え始めて、この
年代独特のストレスが心身に大きな影響を与えます。
このように身体的、心理的な種々の要因が複雑にからまって、更年期には多彩な症状が引き起こさ
れてくるのです。

更年期障害の主な症状
血管運動神経系症状 ほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、冷え性、動悸、息切れ、むくみ
精神神経系症状 頭痛、頭重感、めまい、不眠、耳鳴り、不安感、うつ状態、焦燥感
知覚系症状 しびれ感、知覚過敏、知覚鈍麻、蟻走感(アリが体をはっているような感じ)
運動器官系症状 腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛
消化器系症状 便秘、食欲不振、胸やけ、吐き気、腹部膨満感、下痢、口臭
泌尿器系症状 頻尿、残尿感、排尿痛、尿失禁
皮膚分泌系症状 発汗亢進、口内乾燥感、皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ
その他の症状 疲労感、だるさ

更年期以降の過ごし方

1.)食生活
①バランスの良い食事で、量は控えめにしましょう。
肉、魚、野菜など多くの食品をバランスよく組み合わせて、食べ過ぎないことです。
②カルシウム、ビタミンを多く摂りましょう。
カルシウムの多く含まれる牛乳、小魚、海藻類、チーズ、豆腐などやビタミンDとなる干し
しいたけ、いわし、さんま、レバーなどを積極的に取り入れると骨粗しょう症が予防できます。
③イソフラボンを含む大豆製品は女性ホルモン様作用があり、動脈硬化を予防します。
④食物繊維を多く摂りましょう。便秘や肥満を防ぐために積極的に摂りたいものです。
⑤塩分や甘いお菓子は摂り過ぎに注意しましょう。

2.)運動
若々しい体を維持するために運動は不可欠ですが、激しい運動をする必要はありません。
ストレッチ、ウォーキング、水泳など自分一人でもできるものを持続して行ってゆくことが
大切です。
それは筋肉を維持し、関節を柔軟にします。肥満や便秘の予防にも連がります。

3.)ストレス解消
自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。
ストレス解消法がたくさんある人ほど人生は楽しくなるものです。

-----ご注意ください-----

外来は産業医、学校医等の業務により予告なく休診となる事もございます。
来院前にお電話でのご確認をおすすめいたします。